通販を使ったオススメのリサイクル方法

家電リサイクルに悩む人必読!通販をお得に利用しよう

>

よりお得にできる方法とは

料金のしくみを理解

「家電リサイクル法」の対象になる家電4品目を手放すときは「有料」になります。
もちろん、実在の店舗で購入した場合も例外ではありません。
その内訳は「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」からなっています。
また、前者はメーカーや家電の大きさ、後者は小売業者で異なる点にも注目されます。

このような仕組みから、家電の廃棄費用を節約するためには、依頼する業者選びがポイントになるのではないでしょうか。
なぜなら、メーカーをはじめ、手持ちの家電に関する情報は変えられないからです。

ただし、「収集・運搬料金」の安いところを見つけても、そこで新しい家電を購入しない限り、引き取りをしてもらうことはできません。
また、家電の引き取りのみを希望する場合も、そこで購入したことが条件になります。

よりお得な方法は

役目を終えた家電を引き取ってもらうためには、お金が掛かることがわかりました。
しかも「リサイクル料金」を動かすことができません。

このような背景があるため、少しでも安く手放すためには「収集・運搬料金」の安いところを探すことが大切です。
そのうえで、新しい家電の購入時に利用することがポイントではないでしょうか。

実際、家電の購入と同時に引き取ってもらう場合の「収集・運賃料金」は、引き取りのみの料金よりも安く設定されています。

もちろん、新しく購入する家電の料金設定も見逃すことができません。
アフターサービスについても、確認しておく必要があります。
家電を手放すときは、それに掛かる料金だけを意識しないで、トータルで考えることをオススメします。


TOPへ戻る